肘の黒ずみを皮膚科で治す

肘は自分では見えにくい部分ですが、ケアを怠っていると黒ずみが出来てしまいます。肘は机についたり、こすれたり、長袖の服で擦れたりと刺激の多い部分です。肘は、もともと皮脂の分泌が少なく乾燥しているので、そういった刺激に弱く色素沈着が起きやすい部分なのです。そうして黒ずみができていくと角質が厚くなりしわもできてしまいます。せっかく顔を綺麗にメイクしても、肘が年齢より老けて見えたら台無しです。しっかりとその黒ずみを消すには皮膚科に行くのが最善です。皮膚科では、まず塗り薬を処方します。主にハイドロキノンクリームですが、これはシミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞そのものを減少させます。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほどその美白効果が大きいのです。お風呂で肘をしっかり温めて古い角質を取り、ハイドロキノンクリームと保湿クリームで肘の肌をしっかりとコーティングします。そういったケアを継続していくと黒ずみは取れて、更に肌のターンオーバーも正常化していって綺麗な肌に戻ります。肘の黒ずみが気になったら、皮膚科できちんとした薬を処方してもらうこと、日々の自分でのケア、それがとても大切なのです。

肘の黒ずみを自宅で治すという方へ
肘の黒ずみケア比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です