お体の保湿ケア、何を使うか迷いますよね。クリームやジェル、オイル…様々な商品がありますが、私がおすすめするのはやはりオイルです。お顔以外の全身にお使いいただけます。メーカーやブランドは自分のその時の気分や好きな香りのするものを使用しているので特に決まりはないですが、最近のお気に入りはTANNというブランドのオイルです。アロマの香りがして、心身共に癒されます。お風呂上がりに脚を中心にオイルを塗りこみます。その後乾燥が気になるかかと、肘なども塗ります。脚や腕は、マッサージしながらすると体がポカポカしてきて冷え性対策にもいいです。また、マッサージは末端から心臓に向かってリンパを流すイメージでやるといいでしょう。お気に入りのオイルマッサージをしながら、お顔はパックが鉄則です!

 

便秘は美容の大敵です。便秘になると、ニキビや吹き出物ができたりします。私はまさにそうで、便秘による肌荒れに悩まされています。
そこで少しでも便秘を解消しようと、昔から朝にヨーグルトと果物を食べています。果物はこれまでにバナナやリンゴ、オレンジなど色々食べてきましたが、キウイが一番効果大でした。
イメージとしてはバナナが一番良いという印象があったり、友達からはリンゴが最も効くという情報を入手したりしていたので、以前はこれらを多く食べていました。しかし期待する程の効果はなく、他の果物に変えたほうが良いかなと思っていた時に、実家からキウイが送られてきて数日間キウイとヨーグルトを食べたところ、これまで以上に快腸になったのです。それからしばらくキウイにしてみましたが、やはりバナナやリンゴの頃より調子が良く、キウイが最も効果的だということが分かりました。
キウイは他の果物と比べてビタミンも豊富だと言いますし、便秘に悩まされている方は試してみてください。

化粧品も、もちろん大事ですが、まずは根本的に肌を綺麗にしないと意味がないと思ってます。もともと私は肌荒れしたりニキビがでたりしないタイプなので、もっぱら安い化粧水をつかってます。
ドラッグストアでは、割とどこにでもあるヒアルロン酸の極潤をつかってます。
そのあと、誰でも一度は手にしたことがあるだろう、雑誌で一時期ブームになっていた、ニベアの青缶を保湿クリームとして使ってます。
最初は、あまりにもベタベタしてるので顔につけることに抵抗がありましたが、実際に旦那が先に使って、肌にいいということで、使いはじめてみました。やはり、他の保湿クリームに比べるとベタつきはあります。そのため、少量で伸ばして使うことをオススメします。
伸ばして使うとベタつきも時間とともに気にならない程度になります。
ニベアをつかってからは、乾燥した肌が翌日カサつくこともなくなりましたし、化粧ノリもとてもいいので、皆さん一度は試してみる価値ありです!

 

生後3ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、産後のおなかまわりがとても気になります。だからといってわざわざ運動する時間もとれないし、体力もまだもどりきってないのでいつも「ながら運動」をしてダイエットをしています。

ながら運動は、家事をしながら、育児しながら、となにかの動作のついでにする運動です。いつも洗濯を干すときには、洗濯かごから洗濯ものを干すときにわざと取りにくい位置にかごを置いて腰をひねるように洗濯物をとって干します。あと、掃除機をかける際には赤ちゃんをダッコして筋力をつけるようにしています。上の子と遊びながらも鍛えます。「スクワット対決だ!」と、私は赤ちゃんを抱いて上の子供と楽しみながら運動をしています。これが意外と上の子もゲーム感覚で楽しいのでとても喜びますし、赤ちゃんもあやしてもらってるように感じるので喜ぶのです。

生活のなかでちょっとした工夫でするだけで、本格的な運動ではないので、目に見えておなか周りに効果はありませんがコツコツとやり続けることが大事だと思って毎日頑張っています。とりあえず、妊娠前の服が着られなくなるというようなことにならないように現状維持が目標です。子供をあやしながらできる運動はほかにもないかな~と考えるのもまた楽しいものです。